梨の3つの保存方法&賞味期限まとめ!!

カテゴリ「賞味期限 果物
2016.08.14
2018.03.17

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

みずみずしさと甘さで人気の「梨」

 

お中元で贈ったり

いただいたりすることも

あるのではないでしょうか。

 

「段ボールいっぱいに

詰まった梨が届いたけれど

全部すぐには食べきれない」

「どうやって保存したら長持ちするの?」

という疑問をお持ちの方も

いらっしゃるかもしれませんね。

 

今回はそんな梨の賞味期限や保存方法

についてまとめてみました。

梨の保存方法別の賞味期限は?

梨を冷蔵庫に入れた時、

賞味期限は「約1週間」

持ちます。

 

そのままの状態で常温保存する場合

賞味期限は「3~4日」

ですので、

冷蔵庫に入れた方が長持ちします。

 

ちなみに、

カットしてしまうと冷蔵庫にいれても

賞味期限は「1~2日」

しかもちません。

 

カットしたらなるべく

その日のうちに食べ切ってしまいましょう。

 

賞味期限が過ぎた後は、

果肉が少し柔らかくなっている状態は

まだ食べられます。

 

しかし、

ブヨブヨしていたり、異臭がしたら

もう食べないようにしましょう。

梨の冷蔵庫で少しでも腐らせない保存方法は?


 
乾燥させないよう

そのままの状態で

ひとつずつラップか新聞紙に包み、

冷蔵庫の野菜室で保存

します。

 

ヘタを下にして保存した方が

鮮度を保つことができます。

 

常温保存する時も

ひとつずつラップか新聞紙に包んで、

直射日光の当たらないところに

置くようにしましょう。

 

食べる直前だけ

冷蔵庫に入れると美味しく

食べれるのでおすすめです。

 

カットしたものは乾燥しないよう

タッパーに入れて冷蔵庫で保存し、

なるべく早く食べきるようにしましょう。
 

梨の冷凍保存方法は?

梨は冷凍すると、

賞味期限は「1か月」

保存が可能と驚異的に延びます。

 

ただし、

解凍した時にベチャッとしたものに

なってしまうため、

そのままの状態では

冷凍しない方が良いでしょう。

 

ですが、すりおろしたり、

フードプロセッサー等で

ピューレ状にしたものでしたら

冷凍保存することができます。

 

こうするとシャーベットとして

食べられますので、

どうしても余ってしまった時には

この方法がおすすめです。
 

梨の意外な健康効果は?

梨は風邪に効く果物だということ

をご存知でしょうか?

 

梨は解熱作用があり、

喉の渇きを潤してくれる果物です。

 

そのまま食べても

もちろん効果がありますが、

ここでひと手間。

 

咳やたんがひどいときには、

ジューサーで絞った汁を

砂糖と一緒に煮詰めた

シロップを飲むと

それらを鎮めることができます。

 

このシロップは二日酔いや

疲労回復にも効果があります。
 

梨の保存方法まとめ!

◇漢字:梨

◇英語名:Pear

◇賞味期限

常温で3~4日

冷蔵庫で約1週間

冷凍庫で約1か月

カットしたら1~2日

◇保存方法

ラップか新聞紙でひとつずつ包み、

冷蔵庫の野菜室で保存

◇冷凍方法

ピューレ状にして袋に入れ冷凍庫へ

 

冷凍ですと、1か月も持ちますが

本来の美味しさではなく

加工が必要になります。

 

これはこれで美味しいので

一度やってみるのをお勧めしますが、

その時の気分や余り具合で

どの保存方法にするか決めましょう。

この記事の監修者

すず
すず
食べ物の情報を発信しています。健康に関する情報は年々変化します。より正しい情報を届けれるように注力します。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ