いちごの保存方法はコレ!「冷蔵VS冷凍」での賞味期限は?

カテゴリ「賞味期限 野菜
2016.08.11
2018.03.17

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

パック販売しているが

個数の多い野菜「いちご」

※果物ではないのでご注意を!

 

一度にすべて食べきれずに保存する

機会が多い野菜の一つですね。

 

今回はそんないちごの保存方法は

冷蔵と冷凍どっちが良いのか?

その時の賞味期限は?

そんな疑問についてまとめました。
 

いちごの賞味期限は?

通常いちごの

賞味期限は「1週間」

と言われています。

 

常温で保存できるのは

「6時間」となります。

 

冬場の涼しい時期でも

常温保存はオススメできません。

 

早めの冷蔵、冷凍保存を心掛けましょう。
 

いちごの冷蔵保存方法は?

パックで販売していますが、

パックのまま保存は早く傷みます。

 

そのまま保存しちゃいけないの?

と思う方がいるかもしれませんね。

 

理由としては、

重なった状態だと下の方が

圧迫されてしまいます。

 

タッパーなどの容器の中に、

キッチンペーパーを敷きヘタを下にして

重ならないように置いて下さい。

 

この状態で、

容器に蓋をして野菜室で保存になります。

 

いちごは「洗わず保存」が基本になります。

食前に洗うようにしてください。

※洗うことによる水気により、

カビや傷みが発生してしまうためになります。

 

この時の保存期間は先ほど述べたように

「1週間」となっています。

 

いちごの冷凍保存方法は?

冷凍での保存はなんと

「1~2ヶ月」

ももちます。

 

つまり、

常温「6時間」

冷蔵「1週間」

冷凍「1~2ヶ月」

となり、圧倒的に冷凍保存がお勧めできます。
 

冷凍保存方法は

水気をきってくっつかない様に

容器にいれて保存しましょう。

 

くっつかない方法として

①冷凍開始して1時間くらいしたら一度引き離す。

②砂糖、グラニュー糖などをばらしておく。

といった方法があります。

 

いちごはそのまま

シャーベットのように食べたり

ジャムにしたりと色々使えます。
 

いちごの食べれない見た目の判断方法は?

いちごの食べない方が良い状態は、

「カビが生えている」

「黒く変色」

「腐敗臭がする」

「ブヨブヨする」

というのが一般的です。
 

こういった時は絶対

口にしないようにしましょう。
 

「いちご」の保存まとめ!

◇和名:苺

◇英語名:Strawberry

◇賞味期限

常温保存「6時間」

冷蔵保存「1週間」

冷凍保存「1~2ヶ月」

◇保存方法:冷蔵庫(野菜室)

容器にキッチンペーパーを敷き、

重ねないように

いちごのヘタを下向きにして保存

◇保存方法:冷凍庫

水気をきってくっつかない様に

容器にいれて保存
 

冷蔵や冷凍は残りの量やその後の

使い方で決めて下さいね。

この記事の監修者

すず
すず
食べ物の情報を発信しています。健康に関する情報は年々変化します。より正しい情報を届けれるように注力します。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ