カリフラワーの賞味期限,保存方法は?栄養は豊富?

カテゴリ「賞味期限 野菜
2016.09.12
2018.03.17

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

みなさんカリフラワーの

賞味期限を知っていますか?

 

白くてふわふわしているような

見た目が特徴のカリフラワー。

 

今回は、そんなカリフラワーの

保存方法や賞味期限、

ブロッコリーとの違いや

栄養素について解説します。

カリフラワーの賞味期限は?

カリフラワーは、

あまり日持ちのする野菜ではありません。

 

冷蔵庫に入れておくと

賞味期限「2~3日」

で、茶色く変色してしまいます。

 

サラダに使うことが多いカリフラワーは、

変色してしまうと

使い道が無くなってしまいます。

 

変色する前に

使い切ることを心がけましょう。
 

カリフラワーの保存方法は?

カリフラワーは日持ちしない食材のため

冷蔵保管が良いです。

 

さらにひと手間加えるとすると、

①湿らせる

②新聞紙等でくるむ

③立てた状態で冷蔵庫に置く

といった状態で保管して下さい。

 

こうすることにより

少しでも傷むのを送らせれます。

 

カリフラワーの冷凍保存方法は?

カリフフラワーは冷凍保存が可能です。
切った後に下茹でし、

冷凍庫に入れましょう。

 

下茹では2パーセント程度の

食塩を入れたお湯で茹でましょう。

 

水にはさらさずに、

「冷ましてから冷凍庫に入れる」

ようにしてください。

 

また、下茹でではなく

蒸してから冷凍保存をしても良いです。

 

冷凍庫での保存期間は

「1か月程度」

ならOKです。

 

また、

カリフラワーの解凍は

自然解凍でもレンジで解凍しても

問題ありません。

 

シチューや煮物に入れる場合は

凍ったまま入れても

問題ありません。

 

カリフラワーとブロッコリーの
違いって?

カリフラワーとブロッコリーは

両方ともアブラナ科の野菜です。

 

他のアブラナ科の野菜である、

ケールやキャベツの仲間で

旬は冬です。

 

この2つの違いは

育つ過程にあります。

 

ブロッコリーは花の芽が成長して

つぼみになったものの集合体です。

 

よってブロッコリーは、

収穫後であっても放置しておくと

花が咲きます。
カリフラワーは花の芽が成長せずに

そのままの状態で

数が増えるように成長します。

 

よって、花は咲きません。

 

わかりやすい判断の仕方は、

見た目が白いのがカリフラワー

緑なのがブロッコリーです。

 

日常生活ではそのように

覚えておくと良いでしょう。

 

カリフラワーはビタミンCが豊富?

カリフラワーとブロッコリーは、

両方とも

ビタミンCやカリウム

が豊富な野菜です。

 

ビタミンCは熱に弱いため、

加熱の際に

壊れてしまうことが多いです。

 

しかし、カリフラワーに含まれる

ビタミンCは加熱に強い

です。

 

ビタミンCは風邪予防や

免疫力アップに効果的です。

 

熱に強いカリフラワーは

非常に優秀な食材

といえます。

 

栄養素としては

淡色野菜なので緑黄色野菜と比べると

劣っているように見えます。

 

しかし、ビタミンCが壊れにくい

ということは非常に優秀なのです。

 

カリフラワーのまとめ

◇名称:カリフラワー

◇和名:ハナヤサイ

◇英語名:kale flower

◇賞味期限:生の状態だと冷蔵庫でも2日程度。

冷凍では1か月程度

◇保存方法:日持ちをさせるなら冷凍が良い

◇冷凍方法:下茹でをした後冷凍

 

この記事の監修者

すず
すず
食べ物の情報を発信しています。健康に関する情報は年々変化します。より正しい情報を届けれるように注力します。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ