「食べるマスク」の効果は?花粉には効くの?

LINEで送る

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

「食べるマスク」ってご存知ですか?
 

昨今、季節に関係なく

マスク姿の人を多く見かけますが、

さすがにマスクは食べないでしょ!

とついつい突っ込みたくなってしまう商品。
 

そんなインパクトのある

ネーミングで大人気となった

「食べるマスク」
 

今回はその

健康効果の詳細、花粉には効くのか

といった疑問をまとめました。

「食べるマスク」って何?


 
森永製菓が2016年9月に発売した

シールド乳酸菌M-1を含んだ商品に

「食べるマスク」と名前を付けていました。
 

現在では

「たべるシールド乳酸菌タブレット」

に変更されています。
 

製品の内容は特に変更が無く、

発売当初から

タブレットの計上をしていたようです。
 

シールド乳酸菌自体の効果は

読んで字のごとく

シールド(盾)として

外部から身を守るための乳酸菌が

人の腸にいる免疫細胞の活性化

を促す効果を持ちます。
 

「食べるマスク」の効果は?

公式サイトには

  • 乾燥予防
  • のどすっきり

という文言が使われています。
 

これらは通常のマスクにも

使われています。
 

商品名としては

「人に興味を持ってもらえて

購入してもらえる名前」

として大成功でした。
 

「食べるマスク」の花粉への効果は?


 
食べるマスクの

「花粉への効果はある」

と証明されています。
 

ただし、

効果として即効性がある

というわけではありません。
 

事前に食べ続けることにより

その効果を生み出すため

季節に対して早めの摂取を

するように心がけましょう。
 
【全国送料無料】森永 たべる シールド乳酸菌 タブレット 4袋【メール便ポスト投函】
 

「食べるマスク」の名前はなぜ変わったの?


 
最後に余談ですが、

なぜ名前を変えたのでしょうか。

 
企業として「食べるマスク」は

人にインパクトを与えて

購入に繋がったのですから

ずっと続けても良いはずでした。
 

しかし商品名を変更しています。
 

それはなぜでしょうか?
 

広報の発表では

  • シールド乳酸菌の名前が浸透してきた
  • 「マスク」だと季節感が強く
  • 年間通しての販売が見込めない

  • 「マスク」と付ける事で
  • 通常のマスクの機能を備えている

    と誤認される可能性がある

と言う事でした。
 

決してどこかからのクレームや

圧力があって変更したのではないようです。

消費者が商品を選ぶ際に

まず最初に目にするのが「商品名」です。
 

「食べるマスク」は消費者心理を

うまくついたネーミングでしたね。
 

【全国送料無料】森永 たべる シールド乳酸菌 タブレット 4袋【メール便ポスト投函】

LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ