里芋の保存は冷蔵庫がダメだった!?保存方法別の賞味期限も紹介!

LINEで送る

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

煮物が美味しい「里芋」

 

里芋を使った煮物料理は

和食の定番レパートリーとも言えますね。

 

袋詰めにして売られていることが

多い里芋ですが、

全部使い切れずに余ってしまう、

なんてことはありませんか?

 

里芋は一体いつまで保存でき、

美味しく食べられるのでしょうか。

 

今回はそんな里芋の

賞味期限や保存方法について

まとめてみました。

里芋の賞味期限は?何日過ぎても大丈夫?

泥がついた状態の里芋の

賞味期限は「約1か月」

です。

 

洗ったものは

賞味期限は「約1週間」

で、泥つきのものと比べると

かなり短くなってしまいます。

 

さらに

皮を剥いてしまった里芋は

賞味期限は「2~3日」

しかもちません。

 

なるべく買ってきた状態のままの

保存をこころがけ、

必要な分だけをその都度

洗って皮を剥くようにしましょう。

 

賞味期限が過ぎた後は、

中身が白い状態なら

まだ食べられますが、

変色していたら

もう食べない方が良いサインです。

 

また、

表面にカビが生えてしまったら

もう食べないようにしましょう。
 

里芋の保存方法は?

里芋は乾燥にとても弱い野菜です。

 

泥がついたままの状態の方が

乾燥を防ぐことができます。

 

洗うとカビが生えやすくなりますので、

洗わずに新聞紙等に包んで保存

しましょう。

 

保存に適した温度は

「10度~25度」

と言われています。

 

温度が低すぎても

傷みやすくなってしまうので、

冷蔵庫の外で保存

するようにしてください。

 

皮を剥いた里芋は、

乾燥させないよう水につけて保存します。

 

水はなるべく1日ごとに

取り換えるようにしましょう。

 

里芋の冷凍保存方法は?

冷凍保存した場合の

賞味期限は「約1か月」

です。

 

生のままでも茹でてからでも

冷凍保存できます。

 

どちらの場合でもしっかりと

ラップでくるみ、

冷凍庫に入れましょう。

 

ひとつずつ皮を剥くのは

手間がかかりますが、

丸ごと茹でてしまえば

スルッと皮を剥くことができますので、

茹でてから保存するのがおすすめです。

 

里芋料理で手が痒くならない方法は?

里芋は皮を剥く時に

手がかゆくなってしまうから

調理するのが億劫だ、

と感じている方はいないでしょうか。

 

手がかゆくなるのは皮の近くに

シュウ酸カリウムの結晶

があるからです。

 

この対策として、

手に重曹や塩をつけておくと、

かゆくなるのを防ぐことができます。

 

もしくは先に丸ごと蒸すか

茹でてから皮を剥くと、

手はかゆくなりません。
 

LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ