ふきのとうの賞味期限,保存は?雄花,雌花で味違う?

LINEで送る

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

ふきのとうを見たことはありますか?

 

食べたことがある以前に

見たことがある

人自体少ない事でしょう。

 

地面から顔を出している

可愛らしい緑色の丸い植物が

イメージできれば、

まさにそれがふきのとうです。

 

そんなふきのとうの

保存方法と賞味期限

をまとめました。
 

ふきのとうの賞味期限は?

ふきのとうは食感と香りを

楽しみながら食べる物なので、

とにかく新鮮な状態で

天ぷらや吸い物で

食すことが勧められます。

 

しかし、

そうはいかない場合もあることでしょう。

 

実際ふきのとうは収穫してから

翌日には萎えたような

感じになる場合があります。

 

そのことからも新鮮な状態は

短いことが分かります。

 

★冷蔵保存

賞味期限は1週間程度

保存できます。

しかし、良い香りを楽しむならば

少しでも早めに食べることが勧められます。

★冷凍保存

賞味期限は1か月以内

保存できます。
 

ふきのとうの保存方法は?

★冷蔵保存

これほど新鮮さを保つ必要がある為、

ふきのとうは常温保存に

関しては不向きです。

 

したがって一つとしては

冷蔵保存が挙げられます。

 

そのままのふきのとうを

新聞紙で包んでポリ袋に入れて

野菜室で保存します。

 

ふきのとうは地面の中で

成長するため乾燥は不向きです。

 

そのため、

新聞紙を軽く湿らせ、

ポリ袋などで保存するやり方もあります。

 

常温保存は不向きで

冷蔵保存が適しています。

 

冷蔵保存の場合は複雑な作業は

無いため手軽かと思われます。

 

しかし、

美味しく食べるためには

早めに食卓に出すことが推奨されます。

 

★冷凍保存

冷凍保存の場合は、

お湯で湯がく必要が出てきます。

 

3分程度熱湯に入れて湯がき、

冷水につけてあく抜きを行います。

 

この時に水が褐色になるため、

何回か変えて淡い色の

透明になるまで行います。

 

およそ、

5、6回は行う必要があります。

 

その後、

水気を絞ってから小分けにラップに包み、

フリーザーバックなどで

空気を抜いて保存します。

 

金属製のトレイで保存すると、

変色や味の劣化を抑える効果があります。

 

使う際には自然解凍が推奨されます。

 

ふきのとうは保存温度が

低いほど長く持ちます。

 

保存量と相談して

適切な保存方法を考えましょう。

 

少ないなら冷蔵で早く使い切り、

多いならば冷凍保存がオススメです。

 

冷蔵と冷凍では保存方法が異なるため、

注意しましょう。

 

雄花と雌花はどっちが美味しい?

ふきのとうには雄花と雌花があり、

雌花の方が苦くないです。

 

雄花は黄色っぽく球形に

花が並んでいます。

 

一方で雌花は白っぽく

いびつな形とも言えます。

 

食べてみての好みは

人それぞれですが、

食べる際には注目しても

面白いかもしれません。

 

ふきのとうのまとめ

◇名称:ふきのとう

◇名称:フキノトウ

◇和名:蕗の薹

◇英語名: Butterbur sprout

◇賞味期限:1週間

(冷凍の場合は1か月ほど)

◇保存方法:

新聞紙などで包み袋に入れて

野菜室などで保存します。

低温での保存が向いています。

◇冷凍方法:

湯がく必要があります。

そして水につけて

何度も変える必要があります。

そして水気を切って、

フリーザーパックなどで保存をします。

 

LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ