「りんご」のカロリーは?ダイエットにはNGだった!?

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

シャリシャリとした食感と

甘酸っぱい味がりんごの魅力です。

 

国内ではみかんに次いで

生産量の多い人気の果物です。

 

その理由の一つに

「りんご一個で医者いらず」

と言われるほど

健康に良いと言われています。

 

実際本当はどうなのでしょうか?

 

また、

よくダイエットにも使われていますよね。

 

このへんをカロリーや栄養効果

に合わせて紹介していきたいと思います。

りんごは日本発ではない?いつから作られてる?

りんごは日本から

始まった果物ではありません。

 

中央アジアから西アジアにかけて

自生していたりんごが

ヨーロッパに広まり、

アメリカを経て日本に伝わりました。

 

始まった時期は

明治から大正時代にかけてです。

 

現在流通している品種は、

全て当時のりんごを

交配させ品種改良したもので、

今では日本の品質の高さは

海外でも認められています。

 

種類が多く、一般的なものだけでも

ふじ、むつ、つがる

王林、紅玉、晩秋

ゴールデンデリシャス

ジョナゴールド、シナノゴールド

などたくさんあります。

 

日本で生産されるりんごの

約半数は青森県産で、

その他には

岩手県や長野県、山形県などが産地です。
 

りんごの栄養効果は?

りんごは85%が水分です。

 

なんだか栄養が無さそうですが、

そんなことはありません。

 

主に4つの栄養が有名で、

①カリウム(ミネラル)

②ペクチン(ミネラル)

③ビタミンB1、B6

④パントテン酸

を多く含んでいます。

 

①カリウムは余分な水分を

身体から排出する働きがあり、

むくみの予防になります。

 

②食物繊維のペクチンは

悪玉コレステロールの

LDLを下げる働きがあります。

オリゴ糖も含まれているので

腸内環境を整えてくれる整腸作用

もあります。

 

③ビタミンB1、B6はともに

糖質の代謝に欠かせない成分で、

 

④パテントン酸は

善玉コレステロールHDLを増やす効果

があります。
 

りんごのカロリー、糖質は?

カロリーは中1個300gの

芯と皮を除いた

可食部255gで138kcal

と果物の中ではやや高めです。

 

りんごの糖質には秘密があります。

 

まず糖質とは炭水化物から

食物繊維を除いたもので、

①果糖、ブドウ糖などの単糖類

②単糖類がいくつか結合したショ糖

③麦芽糖などの少糖類

④でんぷんなど単糖類が

数千、数万と長くつながった多糖類

から成っています。

 

りんごには

糖質は33.4g含まれています。

 

その中で果糖が15.3gも含まれており、

反対にでんぷんは0.225gしか

含まれていません。

 

これが何を意味するかと言うと、

糖質は体内で最小単位の単糖類に

バラバラにされてからブドウ糖に変わり、

小腸で吸収された後

血液に乗って全身に運ばれます。

 

果糖は単糖類なのですぐに

ブドウ糖に変わりエネルギーを生み出す

朝食等に持ってこいと言えます。
 

りんごはダイエットが良いのはホント?

りんご100gのカロリーは54Kcal

ごはん100gのカロリー168Kcal

比べると約1/3です。

 

でも、

りんご100gは1個丸ごとではなく

約1/3個分です。

 

カロリーや糖質を比較する場合、

一般的な一回の摂取量で

考えなくては意味がありません。

 

りんごをまるまる一個食べると

標準的なサイズのもので

140Kcalになり、

ごはん一膳分の

カロリーは252Kcalです。

 

ごはん一膳150gの糖質は

そのほとんどはでんぷんなので、

エネルギーになるのに時間がかかります。

 

一方りんごの糖質は

単糖類や少糖類が多いので

糖の分解に多くのエネルギーを使いません。

 

過剰であれば即座に脂肪に変わって

体内に蓄えられてしまいます。

 

また、

果糖とブドウ糖は中性脂肪の

合成に利用されるので

太りやすくなります。

 

じゃあ

【りんごはダイエット向いていない?】

と思いますよね?

 

ダイエットに必要なのは

摂取カロリーと消費カロリーの差です。

 

一日の食事の内一食をりんごにすれば、

当然摂取カロリーは抑えられます。

 

ただしそれはりんごの量を

一日一個以内にした場合に限ります。

 

りんごダイエットと聞くと

好きなだけりんごを

食べていいと思いがちですが、

糖分の取り過ぎで逆効果になりかねません。
 

 
りんごでダイエットを目指すなら、

夕飯か活動でエネルギーを

使い切れる昼食を

りんごに置き換えるのが効果的です。

 

夕食をりんごにする場合は

眠る3時間以上前に

食べるようにしましょう。

 

りんごは健康に良いですが、

果物の中ではカロリー、糖質ともに

高いので気を付けましょうね。
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ