「ウコン」の飲むタイミング、時間別での効果まとめ!


この記事は約 2 分で読めます。

お酒を飲むときの強い味方「ウコン」は

二日酔いになりづらくなります。

 

商品としては「ウコンの力」などが

最も有名ですよね。

 

そんなウコンですが、

実は飲むタイミングによって効果が変わります。

 

今回はそんなタイミング毎の

「ウコン」の効果、時間目安をまとめました。
 

スポンサーリンク

「ウコン」のタイミング「飲む前」での効果は?

お酒を飲む前にウコンを摂取しておくと

「二日酔いの予防」になります。

 

これは、ウコンに含まれている

クルクミンという成分が、

二日酔いの元になる

アセトアルデヒドを分解してくれるからです。

 

アセトアルデヒドはアルコールが

分解されると出てくるものです。

 

お酒を大量に飲むと、

肝臓がアセトアルデヒドを対処しきれずに

残ってしまい二日酔いになってしまいます。

 

効果を最大限に活用するには

お酒を「飲む1時間前」

くらいに飲んでおくと良いです。

 

事前に摂取しておくと

ウコンの力を最大限に発揮することが出来ます。

 

もし、お酒を飲んだ後に飲み忘れに

気づいたとしても

飲んでおくことをおススメします。

 

体内のアルコールが分解される前なら、

効果は劣りますがア

セトアルデヒドの排出に一役買ってくれます。

「ウコン」のタイミング「食前」での効果は?

ウコンは食前に飲むと

ダイエットしている方の強い味方になります。

 

ウコンは

「血糖値の急激な上昇を防ぐ効果」

があります。

 

血糖値の急上昇を防ぐと、

太る原因の一つとなる糖質の摂取を

抑える事が出来ます。

 

ご飯や、パンなどの炭水化物には

糖質が多く含まれています。

 

ダイエットをしているなら

炭水化物を食べる時は、

「食前1時間前」に飲んでおくことを

おススメします。

スポンサーリンク


「ウコン」のタイミング「食後」での効果は?

ウコンには何と「整腸効果」まであります。

 

つまり、

胃腸の調子が悪い時にも活用できます。

 

ストレスや食べ過ぎたなど胃が不調な時は、

「食後30分以内」にウコンを飲んでおくと

整腸効果が期待できます。

「ウコン」のタイミング「空腹時」での効果は?

健康維持を目的で飲むときは、

空腹時に飲むと

ウコンの効果を良く吸収してくれます。

 

ウコンは漢方の材料にもなっていますよね。

 

鉄分などもあるので、

「血流関係の健康に良い」です。

 

健康において血の循環は

思っている以上に重要で、

栄養を運んだり、体を温めたりと

健康全般に関わるものです。

 

ウコンは吸収率が低いので、

一気に大量に飲むよりも1日の間で

数回に分けて飲んだ方が

高い効果を期待できます。

 

ただし、

分けて飲むときは飲みすぎないように

量は気を付けて飲むようにしましょう。

 

どうでしたか?

「ウコン」はチーズやヨーグルトなどに

含まれている乳酸菌が

ウコンの吸収を高めてくれます。

 

効果を最大限活用したい時は

乳酸菌が入っている食材も

一緒に摂取するのもお勧めですよ。
 


この記事が為になった方は

「シェア」お願いします!

スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ