落花生の「旬・栄養効果・最高品種」まとめ!

落花生
LINEで送る

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

落花生はいわゆる「ピーナッツ」として、

昔から日本人に親しまれている豆です。

 

実はこの落花生は

首相の食事にも出されていたり、

健康意識の高い人は必ず摂っている程、

その栄養価には世界中で

注目されています。

 

そこで気になるのが

「落花生ってどんな栄養効果がある?」

「旬や品種は?」

などの疑問が多く出ています。

今回はそんな疑問を

一挙に解消していきましょう!

「落花生」の旬、カロリーは?

「落花生」は日本では千葉が有名です。

 

国産だと、旬は「9月末から10月末」となります。

 

ちなみに、この時期でなくても

年間通して売られている落花生は

たくさん見られますよね?

 

そんな落花生は

輸入物が多いと考えられます。

 

ただし輸入物が危険なわけではなく、

乾燥させた状態なので、

年間通して長期保存ができるので

賞味期限も長いんです。

 

そんな落花生は栄養価の高い食品で

特に多いのが

カロリー:562kcal
タンパク質:25.4g
脂質:47.5g
(100g中)

 
と脂質なんて100gで1日分の量なので、

食べすぎには要注意な食品とも言えます。

 

その他にも

肝臓の代謝を助けるナイアシン

抗酸化作用のあるビタミンE

コレステロールを減らす

オレイン酸、リノール酸などが

多く含まれ、体にとってプラスになる

栄養素が多く含まれています。

「落花生」の5つの栄養効果とは?

では、早速大きな

5つの効果を見てみましょう。

①「アンチエイジング」

まず注目すべきは

ポリフェノールの「レスベラトロール」

という成分が多く含まれています。

 

この成分は世界的にも

非常に注目されている成分なんです。

 

その効果は

・血液をサラサラにする

・危険度の高い病気の予防

・老化を防ぎ、皮膚を若くする

・長寿遺伝子を活性化させる

など驚異的な効果を持ちます。

 

②「コレステロールを減らす」

落花生は高カロリーですが、

落花生の脂肪分は

太りやすい動物性の脂肪分ではなく、

悪玉コレステロールを減らし、

血圧を下げてくれる脂肪です。

 

なので高カロリーだから、

太りやすいと言う訳ではありません。

 

③「ビタミンEが豊富」

落花生には抗酸化力のある

ビタミンEが豊富に含まれています。

 

ビタミンの中でも、

よく取り上げられるビタミンE。

 

ビタミンEは活性酸素を抑え

老化防止をします。

 

さらに血管を健康に保ち、

コレステロールの酸化を防いだり、

赤血球の破壊を防いでくれます。

 

④「二日酔い防止」

落花生に含まれているナイアシンは、

細胞の代謝を促進し、

肝臓の代謝も助けてくれます。

 

アルコールの分解を補助し、

二日酔いの防止になります。

 

⑤「豊富なミネラル」

体にとって必要なミネラルが

豊富に含まれているため、

体の不足分を補うことが出来ます。

 

ミネラルは色々な種類がありますが、

日本人は塩分ばかりとって

残りは不足しがちなので

無塩の落花生を選ぶようにしましょう。

「落花生」の最高品種とは?

一言で落花生と言われていますが、

当然生産している所や地域によって

様々な品種があります。

 

では、日本にある

最高の落花生を見てみましょう。

☆「千葉半立」☆

「ちばはんだち」と言います。

 

この品種は「落花生の王様」

と言われるほどです。

 

香りが豊かで、普通の落花生と

食べ比べると驚きますよ。

 

食べた時は表現しにくいですが、

なめらかな食感がします。

 

ただ、当然お値段が少し割高なのが

デメリットなところです。

1000円 送料無料 30年度 天日干し 千葉県産 千葉半立 から付落花生 200g(100g×2) ALL¥1000 ポッキリ 落花生 ピーナッツ おつまみ

では、せっかくなので、

もう一つ人気品種を見てみてましょう。

 

☆「郷の香」☆

「さとのか」と言います。

 

落花生の味と風味を、

長時間持続することが特徴の品種です。

 

味はやわらかく、甘みがあるので

落花生初心者で

「有名な品種を食べてみたい!」

という方にお勧めできます。

ゆで落花生 郷の香2袋【送料無料】令和元年産【メール便発送】【02P18Jun16】【HLS_DU】【RCP】

どうでしたか?

体にとって良い栄養が

多い落花生ですが、

スーパーなどの安いお菓子などは

健康に良い落花生とは別物です。

 

毎日少しで十分な栄養なので、

一度色々な品種を

試してみてはどうでしょうか?

LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ