「唐辛子アレルギー」の症状は?その驚きの原因とは?


この記事は約 2 分で読めます。

最近は世界中から様々な食材が集まり、

それにより食生活も

一昔前よりも大きく変化しました。

 

便利になった反面、

今までなかったアレルギー

が増えているという報告もあります。

 

中でも今回は「唐辛子アレルギー」

これには意外な原因があると言います。

 

今回はそんな

「唐辛子アレルギー」の症状や原因を

紹介していきたいと思います。
 

スポンサーリンク

「唐辛子アレルギー」の症状は?

唐辛子やスパイスを使った料理の適度な辛さは、

普段の料理を美味しくしたり

食欲を増進する効果があります。

 

しかし、

この食べ物にアレルギーがあると

どうなるのでしょうか?

 

そもそも食物アレルギーとは、

特定の食べ物に含まれる

アレルゲン物質に対して、

普段は身体を守る働きをしている

免疫機能が過剰に反応してしまうことです。

 

そして、身体に様々な

症状(かゆみ、くしゃみ、ひきつけ等)

を引き起こすことです。

食物アレルギーは食べ物を

食べた時だけでなく、

触ったり吸い込んだりしても症状が出ます。

 

さらに「唐辛子」に

多く含まれるカプサイシン。

 

少量を摂取すると口内や食道、胃が

刺激され食欲が増進しますが、

多量に摂取すると粘膜が傷つき

「胃腸が荒れる、咳、息切れ」

を起こしたりします。

 

また、

リーキーガットという腸などの

「消化器官に穴が空く症状」

を起こすことも分かっています。

スポンサーリンク


「唐辛子アレルギー」の原因は?

基本的な原因は当然

「唐辛子を食べる、触る」

「粉末を吸う」

などになります。

 

しかし、

実は唐辛子は「ナス科の植物」です。

つまり、

アレルギーとしては「唐辛子」だけでなく、

ナス、トマト、じゃがいも、パプリカ

などにも当てはまる可能性があります。

 

さらに、

ナス科の植物(特に夏に旬を迎える野菜)

には一定の毒性を持つものも多く、

腸の壁が薄い人はアレルギー症状が

無かった人に引き起こす原因

となる可能性があります。

 

もちろん健康体の人が

食べるには問題はありませんが、

それでも1度に多量に摂取するのは

避けたほうが良いでしょう。

 

アレルギーの症状が出てしまうと、

治まるまでに時間がかかったり

場合によっては危険な状態を

引き起こしたりする危険性があります。

 

なので、

アレルギーを起こさないためには

自分がどのようなアレルギーを

持っているのかを

把握するのはとても重要です。

 

アレルギーの種類や症状に関しては

1人1人違いますので、

気になる方は近くの市民病院などで

確認しておくことをオススメします。
 


この記事が為になった方は

「シェア」お願いします!

スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ