「牛肉アレルギー」で下痢になる!?その原因や症状とは?

カテゴリ「アレルギー
2018.06.25

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

 

牛肉と言えば、豚肉や鶏肉と並ぶ

「3大肉」ですよね。
 

焼肉やすき焼き、ステーキなど

リースナブルなものから高級なものまで

その味わいは多岐に渡ります。
 

そんな美味しい牛肉にも

アレルギーが存在することをご存知でしょうか?
 

そんな中で「牛肉食べたら下痢になった!」

と言う声が多いようです。
 

今回はそんな

牛肉アレルギーの症状や「下痢」との関係

について解説します。

「牛肉アレルギー」の原因とは?

食物アレルギーと言えば、

卵アレルギーや甲殻アレルギー、

乳製品アレルギーなど多数挙げられます。
 

小さい子供だけでなく

成人してからも発症することがあるので

いつ誰がなってもおかしくない病気です。
 

そんな食物アレルギーが

牛肉にもあてはまることがあるとは

正直驚きました。
 

牛肉・鶏肉・豚肉の中で

牛肉がもっともアレルギー反応が多いのですが

それでも牛肉アレルギーの発症は

極めて稀(まれ)なことです。
 

「牛肉アレルギー」の症状とは?

牛肉アレルギーによって、

様々な症状が引き起こされます。
 

  • 下痢
  • 腹痛
  • 嘔吐
  • 蕁麻疹
  • アナフィラキシーショック

などなど、その症状は多岐に渡ります。
 

下痢、腹痛、嘔吐の症状が出てしまうのは、

消化管の過剰反応から

来るものと考えられます。
 

この場合は、

牛肉の摂取は控えるようにしましょう。
 

下痢に関する症状の原因を確認しましょう。
 

「牛肉」で「下痢」の症状が出る原因とは?

下痢が発症する第一の原因として

腸の消化活動のて低下と

ぜんどう運動(排泄を催す動き)

の促進が考えられます。
 

牛肉が関係してくる悪影響な理由は

下記の3つです。
 
①「牛肉アレルギー」による腸の過剰反応
 

 
牛肉アレルギー持ちの方は特に

アレルギー反応として胃腸の活動が

過剰に反応してしまい

排泄を促進させてしまう症状がでます。
 

無理な摂取は控えることが大切です。
 

しかし、

アレルギー以外でも下痢を催す

原因があるので注意が必要です。
 

②脂質の多い肉を多量摂取
 

 
高級なお肉ほど

霜降りといった脂身が多いものがあります。
 

脂肪には腸管ぜんどう運動

亢進作用する効果があるため

下痢の原因となる一つです。
 

③牛肉を食べる時のお供「お酒」
 

 
牛肉料理、「焼肉」「ステーキ」

のお供としてビールやワインといった

アルコールを一緒に摂取する人が多数です。

 
アルコールには肝臓への負担をかけ

消化に必要な成分生成を妨げるため

結果として消化不良へつながる要因です。
 

下痢の原因は、

消化不良の場合がが大半です。
 

その場合は牛肉の摂取量を調節したり、

牛肉をよく噛んで食べるようにしましょう。
 

「牛肉アレルギー」の確認方法は?


 
自分が何に対してアレルギーがあるのか

ないのかを知っておく

必要があるかと思います。
 

大袈裟に聞こえるかもしれませんが、

食事は毎日毎食のものです。
 

毎日毎食牛肉を食べることはないでしょうが、

アレルギー症状の度合に限らず

注意するに越したことはないでしょう。
 

牛肉アレルギーの発症は稀なことだ

と書きましたが、

いつ誰が発症してもおかしくないだけに、

決して他人事ではないものです。
 

なので、

まずは「血液検査」を行いましょう。
 

少しでも体調に違和感を感じた時は、

早めに病院へ受診することをお勧めします。
 

血液型によっては牛肉に関しても

向き不向きな食材があります。
 

A型とAB型は牛肉との相性が

良くないと言われています。
 

とは言え、これらは確かな根拠と

言えるものはありません。
 

もし仮に血液型が当てはまったとしても

鵜呑みにしてしまうことは避けましょう。
 

この記事の監修者

すず
すず
食べ物の情報を発信しています。健康に関する情報は年々変化します。より正しい情報を届けれるように注力します。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ