卵の賞味期限が過ぎてから何日大丈夫?保存方法は?

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

みなさん卵の賞味期限を知っていますか?

 

8~10個パック販売が主流な食材。。。

 

使い切れず余ってしまった

経験がある方は少ないと思います。

 

捨てるなんてもったいない!

長期保存はできないの?

 

今回はそんな卵の

賞味期限や保存方法の疑問

についてまとめました。

 

卵の賞味期限は?
何日過ぎても大丈夫?

卵の賞味期限は

「2週間~3週間」

です。

 

実は卵の賞味期限表記の意味は

「生で食べることが可能な期間」

を意味しています。

 

賞味期限以内に

食べきらないとヤバイ!

と思って数個食べている人も

いるのではないでしょうか

 

では、

卵の賞味期限が切れたら

いつまで大丈夫?

 

冷蔵庫保存をしておけば

賞味期限が過ぎてから

7日~10日

は大丈夫です。

 

しかし、

「生で食べられる期限」は

越してしまっているため

加熱処理をして食べましょう。

 

じゃあ

加熱処理ってどのくらい?

という疑問がでるはずです。

 

これは「70度~75度で1分以上」です。

 

十分な加熱をすれば、

1ヶ月後すぎても

可能ということもあります。

 

半熟とろーり料理を作りたい場合は

賞味期限内の卵を使ってくださいね。
 

卵の保存方法は?

卵の保存は

10度以下

が適しています。

 

15度(常温)でも保存は可能と言われますが、

家庭用の冷蔵庫内であれば問題ないですね。

 

卵の置き方として、

とがっている方を下

にして保存して下さい。

 

さきほど

「加熱」という言葉が出てきたので、

「生のままじゃなくて、

ゆで卵で保管すればいいのでは?」

という疑問がでた人が

いるかもしれません。

 

この疑問に対する答えは

「生卵のほうがゆで卵より長持ち」

となります。

 

卵の白身に含まれる酵素は

菌を殺してくれるため、

生卵での長期保存は生が適しているのです。

 

また、

冷凍で保存は可能かと言うと、

問題ありません。

 

卵の冷凍保存賞味期限は

「1ヶ月」

です。

 

しかし、

冷凍保存すると解凍後、

黄身が生の状態のようにはならず

温泉卵のような状態になります。

 

どうしても冷凍保存して

使用したい場合

(誤って割れた、古い)は、

かき混ぜた状態で

冷凍保存することをオススメします。

 

卵を食べれない見た目は?

卵の食べない方が良い状態は、

「黄身が崩れていない」

「白身の色が変わっていない」

「腐卵臭がしない」

というのが一般的です。

 

腐った卵は加熱しても

食べないようにしましょう。

 

卵のまとめ

◇ひらがな:タマゴ

◇カタカナ:たまご

◇漢字:卵

◇英語名:Egg

◇賞味期限:2週間~3週間

◇保存方法:冷蔵庫(10度以下)

◇保存方法:とがった方を下向き

◇冷凍方法:かき場ぜた状態で保存

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ